JSAE HOME

インテリジェントレーザーブランキングシステム(ILBS)

  • インテリジェントレーザーブランキングシステム(ILBS)
  • インテリジェントレーザーブランキングシステム(ILBS)
  • インテリジェントレーザーブランキングシステム(ILBS)

自動車業界では高張力鋼材やアルミニウム材などの適用拡大で、車体軽量化が進んでいる。しかし、部品コストの大部分の材料費削減に対しては、改善の取組みが限界を迎えている。そこで、自動車工場初工程の、コイルからシート状鋼板ブランク材を切り出すブランキング工程に着目した。
従来製法の金型を用いたプレスブランキング製法では、部品ごとに専用金型を必要とし、金型製作・保管に多くのコストが発生する。さらに、部品に合わせて金型を製作するため、量産開始後に形状を変更することは難しく、寸法短縮などの材料費削減取組みが行えない。
一方で、金型を用いない自由形状の加工製法として、レーザー切断が挙げられるが、従来のレーザーカット装置では低カット速度と低稼働率から、試作部品などの加工に限られていた。
インテリジェントレーザーブランキングシステム(ILBS)では、高出力ファイバレーザを活用した高速カット、高加速度Hガントリによる加工時間削減、Vシフトコンベアによる高稼働率材料搬送を実現することで、レーザーカットによる大量生産を世界で初めて可能にした。
2015年本田技研工業寄居完成車工場へ導入し、ブランキングラインの金型ゼロ化による金型費用削減と、加工プログラム修正によるブランク形状変更での材料費削減を可能とした。

保管場所 本田技研工業 埼玉製作所
寄居完成車工場
(〒369-1216 埼玉県大里郡寄居町富田2354)
製作(製造)年 2015
製作者(社) ホンダエンジニアリング株式会社
資料の種類 量産設備
現状 量産稼働中
会社名ホンダエンジニアリング株式会社
通称名ILBS
製作年2015
協力者本田技研工業株式会社
株式会社エイチアンドエフ
構造・方式・手段・方法等①5kWファイバーレーザーと小型軽量レーザーカットヘッドによる高速レーザーカット
②ベルト駆動とCFRPフレームを用いた軽量Hガントリによる高加速駆動
③ヘッド同期スパッタBOXを有すVシフトコンベアによるコイル連続送り
機能・作用等①自由形状レイアウトによる材料費削減
②金型レスによる金型投資/メンテナンス費削減
③簡易加工データ作成による量産立上げ/改修工数削減
④カット断面品質向上によるプレス成型性向上
効果①金型を無くすことで,金型投資をゼロ化し,製作期間を数か月から数日に短縮した
②プレス成型品質トラブルを加工データ改修により早期に改善した
③ワーク端面品質を向上させることで,成型性を40%向上した
エピソード・話題性①MF技術大賞2016-2017受賞
②日本機械学会95期生産システム部門 技術業績賞受賞
best-cooler.reviews/

https://surrogacycmc.com

baden-medservice.com