JSAE HOME

先進視覚サポート技術「VAT」

  • 先進視覚サポート技術「VAT」
  • 先進視覚サポート技術「VAT」

VATは自車前方を検知するセンサを用いて「認知」・「判断」・「制御」を行う先進視覚サポート技術で、2007年式ギガから搭載されている。車間距離の自動維持による運転疲労軽減または自動ブレーキによる事故被害軽減などを代表機能として持ったシステムであり、2015年型ギガでは安全性能の更なる向上を狙いとして、ミリ波レーダーと単眼カメラのセンサフュージョンにより検知性能を大幅に向上させている。これに伴い、プリクラッシュブレーキの被害軽減効果を拡大している。ミリ波車間クルーズでは従来の補助ブレーキに加え、主ブレーキ連動による減速制御を追加して車間維持性能を向上させている。これにより、実際の道路交通流やドライバのフィーリングに合った自動追従走行が可能となり、ドライバの運転疲労軽減に効果を発揮する。また、単眼カメラによる車線逸脱警報は、車速60km/h以上で走行する車両が車線を逸脱した場合に警告音を吹鳴させ、ドライバに早期の軌道修正を促す。

保管場所 いすゞ自動車株式会社
製作(製造)年 2007
製作者(社) いすゞ自動車株式会社
資料の種類 量産品
現状
適用車種大型/中型トラック
製作年2007
実用化年2007
装置構成図1
表示部図2
性能機能概要に記載済
効果概要に記載済
エピソード・話題性2015年式ギガのプリクラッシュブレーキは、従来の衝突被害軽減ブレーキ機能に加え、移動障害物に対する衝突回避支援機能を追加した。障害物を検知する手段をミリ波レーダーによる単独検知から、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用する二重検知にすることで、前方の検知精度を大幅に向上させた。また、安定した減速性能を確保する為、EBS(Electronic Brake System)を採用した。2017年式ギガでは更なる性能向上により、2017年11月から施行される法規制に対応した(先行車の速度が10km/h以上、相対速度が70km/h以内で衝突回避を支援。相対速度が70km/hを超える場合は衝突被害を軽減)。
pills24.com.ua

https://bestseller.reviews

antibioticlistinfo.com