JSAE HOME

リニアトロニック(チェーン式CVT+4WD・縦置きトランスミッション)

  • リニアトロニック(チェーン式CVT+4WD・縦置きトランスミッション)
  • リニアトロニック(チェーン式CVT+4WD・縦置きトランスミッション)

1987年に小排気量車向けで登場したCVTは、1990年代後半から、プッシュベルト巻き掛け式ではFF2リッターや3.5リッタークラスまで採用車種が拡大、トロイダル式ではFR大排気量車への適用が実用化され、2000年代には巻き掛け式での更なる高トルク容量化がチェーン式により実現された。リニアトロニックは、チェーン式CVTとAWDを組み合わせた縦置きトランスミッションとして、2009年に世界で初めて量産車に搭載された。チェーン式のコンパクトさを活かし、400Nmに対応する高トルク容量、トップクラスのレシオカバレージ、高伝達効率、キャビンスペースを犠牲にしないレイアウトを高い次元でバランスさせている。また、従来のオートマチックトランスミッションに比べ、燃費を7%改善した。

保管場所
製作(製造)年 2009
製作者(社) 株式会社SUBARU
資料の種類 量産品
現状 量産中
名称 / 製作
型式名
TR690
会社名
株式会社
SUBARU
適用車種
スバル
レガシィ
製作年
2009
装置構成フロントデフをE/Gのほぼ直後、左右方向中央に配置したシンメトリカルAWD。プーリーを、前後にリダクションギヤを配置して上下方向に並べることで、フロントデフとフロアトンネル間の狭い空間に、トランスミッション機構をレイアウトしている。発進デバイスはトルクコンバータを採用。前後進切り替え機構は出力軸に配置。後輪駆動軸には4WDを制御するトランスファー機構を配置する。
仕様
変速・作動方式
チェーン式 無段変速機
伝達方式
チェーン伝達
変速数
無段変速
変速比(前進)
3.525~
0.558
変速比(後進)
2.358
操作方式
自動変速
効能
構造・方式・手段・方法等
電子制御による油圧制御
エピソード・話題性第60回自動車技術会賞 技術開発賞
参考文献スバル技報No.36
У нашей организации интересный блог на тематику сколько стоит раскрутка сайта.
seo service

У нашей фирмы интересный веб сайт с информацией про дизайн интерьера киев.