会誌「自動車技術」2018年4月号

特集「燃焼技術」-Combustion Technology-

 自動車の動力源としてのエンジンは,排出ガスによる環境問題,温室効果ガスの低減などの課題が多い一方,エネルギ搭載重量に対して得られる動力の効率が高く,まだまだ活躍が期待できます.
 これらの課題克服のための一つ,複雑な現象である「燃焼」を解明するための開発技術の一端を紹介しています. 目次を見る»

  • ■ 総括・展望(3編)
  • ■ 燃焼を設計する(2編)
  • ■ 燃焼を制御する(4編)
  • ■ 燃焼を観察する(3編)
  • ■ 燃焼を計測する(3編)
  • ■ 燃焼を予想する(4編)

各記事の概要は下記よりご覧いただけます

連載記事

  • 技術の窓:電気化時代に燃焼技術が目指すもの 上田建仁氏(元 大豊工業)
  • 超の世界:燃料電池内部の液水可視化 (東京工業大学)
  • スポットライト:洗濯可能な超薄型有機太陽電池の開発に成功 (理化学研究所)
  • 標準化活動レポート:パワートレイン部会ピストン関連部品分科会における標準化活動の紹介
  • リレーエッセイ 学生フォーミュラの日々 そして 今:実体験から学んだもの 岡本拓之氏(マツダ)
  • ちょっとブレイク! ランチタイム:社員の食を支えて半世紀~多彩なメニューは車作りのパワーの源~ (三菱自動車工業)
  • 学自研活動レポート:2017年度 北海道/東北支部 学自研活動報告

ページトップへ

читайте здесь

посмотреть

Нашел в интернете полезный блог , он рассказывает про штабелеры ручные гидравлические www.maxformer.com/