自動車技術会

トラフィックセイフティ部門委員会

1.活動目的

近年,日本の交通事故死者数の削減ペースに鈍化がみられる中,交通事故死傷者数を削減するためには,これまで以上に,各対象事故への効果的な安全対策が必要となっている.特に,少子高齢化時代への突入,ならびにHEV,EV,介入制御型の予防安全技術の普及,小型モビリティーの開発,自動運転実用化に向けた開発など,これらを踏まえた交通社会システムの変化への対応も必至である.そのため,新たな現状分析と対策検討が必要と考え,本委員会では,これら社会情勢や技術開発の変化を踏まえた効果的な交通安全の取り組みを模索することとする.

2.委員長・幹事(2018-19年度)

委員長 高山 晋一(日本自動車研究所)
幹事
  • 高野 望(トヨタ自動車)
  • 平山 茂(日産自動車)
  • 山下 浩之(本田技術研究所)

3.主な対象分野・事項

  • 衝突安全/火災安全/予防安全/統合安全
  • 救命救急/乗員保護/歩行者・2輪乗員保護/交通弱者保護
  • 事故回避/衝突予知
  • 衝突試験
  • 後方衝突/側方衝突/前方衝突
  • 事故解析/事故統計解析
  • 事故調査・分析
  • ヒヤリハット解析
  • 傷害メカニズム
  • 自動ブレーキ

4.技術のロードマップ

「部門委員会一覧」に戻る

 
www.make-up.kiev.ua/laminaciy-brovei.html

www.shtory.ua/figurnye-lambrekeny

линзы купить цветные