• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>シンポジウム No.20-17「これまでの概念を超える新技術」(車両特性デザイン部門委員会)

イベント

<参加者募集>シンポジウム No.20-17「これまでの概念を超える新技術」(車両特性デザイン部門委員会)

2017.11.30

参加のおすすめ 
車両特性デザイン部門委員会では,大型車両,建設機械,農業機械,鉄道,防衛車両などの様々な車両に関する新技術ついて議論しています.
それぞれの分野で大きな進歩を遂げるに至った技術,これまでの概念を変える新技術に焦点を当て,その背景から,困難をどう克服したかなど,
ご活躍の講師の方々に紹介してもらいます.形態の異なる分野での開発形態や新技術など,多くの発見があると思います.

日時 2018年3月2日(金)
会場 発明会館ホール(港区虎ノ門 2-9-14
協賛(予定) 電気学会、日本機械学会、計測自動制御学会、日本人間工学会、ヒューマンインターフェース学会
企画 車両特性デザイン部門委員会
定員 200名
参加費(消費税込・テキスト1 冊込) 正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円 /協賛学協会の会員 22,680 円
参加申込/申込締切日 2018年3月1日(木)定員になり次第,締め切ります.
申し込みはこちら:
参加申込キャンセルについて 2月22日まで:キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
2月23 日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.開催終了後,テキストを送付いたします.

プログラム

プログラム詳細(PDF)

10:00 開会挨拶 車両特性デザイン部門委員会委員長 防衛大学校 山川 淳也氏
司会  ㈱いすゞ中央研究所 滝波 茂氏
10:10 基調講演「自動車の走行技術の進化(走る,曲る,止る)」
第1 部 過去現在 - シャシー電子制御技術の進化
第2 部 未来 - 新概念走行技術の紹介(ダイナミックチャージ)

神奈川工科大学 芝端 康二氏
㈱本田技術研究所 田島 孝光氏
11:25 ダカールラリーレーシングトラックの開発 日野自動車㈱ 山下 孝氏
12:00 昼食休憩
13:00
車輪/ レール接触系のコンディション・モニタリングによる鉄道安全性の向上
司会 ㈱小松製作所 杉原 幹英氏
日本大学 松本 陽氏
13:35 双腕式作業機械ASTACO の開発 日立建機㈱ 石井 啓範氏
14:10 建設機械施工現場における情報化施工 ㈱小松製作所 山元 弘氏
14:45 休憩
15:00
10 式戦車における技術的挑戦
司会 防衛大学校 山川 淳也氏
防衛装備庁 志村 明彦氏
15:35 艦船に見る操縦性設計について 防衛装備庁 佐久間 俊氏
16:10 ステルス性と高戦闘能力を実現する将来戦闘機用エンジン技術 防衛装備庁 及部 朋紀氏
16:45 閉会挨拶 ㈱本田技術研究所 田島 孝光氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

◆CPDについて
本講習会(シンポジウム)に参加されると,自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます.
詳細のご案内【URL】

【お問合せ】

(公社)自動車技術会 シンポジウム運営事務局 山本・露木
E-mail: [email protected]
Tel: 045-453-2225

» 一覧に戻る

ページトップへ