• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>シンポジウム No.22-17「タイヤ技術最前線」(タイヤ/路面摩擦特性部門委員会)

イベント

<参加者募集>シンポジウム No.22-17「タイヤ技術最前線」(タイヤ/路面摩擦特性部門委員会)

2018.01.09

参加のおすすめ
車両と路面の接点としてのタイヤとその周辺技術は,「操安」「制・駆動」等の安全性,「乗心地」
「振動」等の快適性や「燃費」「摩耗」「騒音」等の環境影響など多岐に亘り自動車の進歩・発展
にとって不可欠かつ重要な技術領域です.つまりタイヤは路面に接触する唯一の自動車部品のた
め,様々な性能に影響します.そのため,各性能分野において研究がすすめられています.
それらの最新状況・技術を捉えたのが本シンポジウムです.
皆さまのご参加をお待ちしております.

日時 2018年03月09日(金)
会場 発明会館ホール(港区虎ノ門2-9-14)
協賛(予定) (一社)日本機械学会、(一社)日本ゴム協会、(一社)日本トライボロジー協会
企画 タイヤ/ 路面摩擦特性部門委員会
定員 200 名
参加費(消費税込・テキスト1 冊込) 正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円 /協賛学協会の会員 22,680 円
参加申込/申込締切日 2018年3月8日(木)
申し込みはこちら:
参加申込キャンセルについて 3月1日まで:キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
3月2日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.開催終了後,テキストを送付いたします.

プログラム

9:30 開会挨拶 タイヤ/ 路面摩擦特性部門委員会委員長 近畿大学 酒井 英樹氏 
司会 トヨタ自動車㈱ 大久保 良輔氏
9:40 タイヤの3 次元弾性リングモデルの構築と振動解析 豊橋技術科学大学 松原 真己氏
10:30 ホイール剛性がタイヤ動特性および操縦安定性に及ぼす影響 ㈱本田技術研究所 平野 敦史氏
11:20 昼食
司会 ㈱アドヴィックス 小久保 浩一氏
12:20 非接触形状計測手法によるタイヤのトレッドブロック動き測定技術開発(第1報:測定可能性の検証) 横浜ゴム㈱ 花田 亮治氏
13:10 準静電界による路面状態推定の試み 東京大学 須田義大氏・河野 賢司氏
14:00 休憩
14:20 スタッドレスタイヤ用多孔性ゴムの孔回りの水流れの観察 金沢大学大学院 岩井 智昭氏
15:10 材料温度特性を反映したタイヤ摩耗予測の精度向上 ㈱本田技術研究所 納富 信也氏
16:00 閉会挨拶

住友ゴム工業㈱ 鈴木 晴之氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

◆CPDについて
本講習会(シンポジウム)に参加されると,自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます.
詳細のご案内【URL】

【お問合せ】

(公社)自動車技術会 シンポジウム運営事務局 山本・露木
E-mail: [email protected]
Tel: 045-453-2225

» 一覧に戻る

ページトップへ