• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集中>公開委員会「排出ガス低減・熱効率向上に向けた内燃機関のキーテクノロジーの進化」(ガソリン機関部門委員会・ディーゼル機関部門委員会)

イベント

<参加者募集中>公開委員会「排出ガス低減・熱効率向上に向けた内燃機関のキーテクノロジーの進化」(ガソリン機関部門委員会・ディーゼル機関部門委員会)

2018.08.03

近年,電気自動車,燃料電池車など新たな動力源の自動車が相次いで市場に投入され,自動車の動力源は多様化してきています.しかしながら,先進国におけるハイブリッド車や過給ダウンサイジング車の普及,および発展途上国の経済活動の活発化,所得の向上などによる従来自動車の普及を鑑みると,自動車の動力源の大部分は内燃機関が使用されるものと考えられています.

一方,環境・エネルギー問題を発端とした自動車のCO2・排出ガス規制の強化に加え,実用上の燃費や排気への関心が高まっており,これら課題を解決するための様々な技術開発が積極的に行われています.

今回のガソリン・ディーゼル機関合同委員会では「排出ガス低減・熱効率向上に向けた内燃機関のキーテクノロジーの進化」をテーマとして,排出ガス低減や内燃機関の熱効率の向上を達成するための要素技術,計測技術等に関して話題提供をいただき,内燃機関の基礎技術,情報などを共有したいと思います.皆様のご参加をお待ち申し上げます.


【日時】  2018年 10 26日 (金) 13:00 ~ 17:00

【会場】  東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館2階 ディジタル多目的ホール
      (東京都目黒区大岡山2-12-1)
      

【主催】  公益社団法人自動車技術会

【企画】  ガソリン機関部門委員会とディーゼル機関部門委員会との合同企画

【定員】  200名

【参加費】 無料

申込ページ】申込締切日】2018年 10月25日(木) (先着順になります)

【プログラム】各講演の概要はからご覧ください。

13:00 開会挨拶 津江 光洋 氏
ガソリン機関部門委員会 委員長 東京大学
13:05 モデルベースデザインに向けたガソリンエンジンの予測的燃焼モデルの構築 野村 佳洋 氏
株式会社豊田中央研究所
13:55 将来燃焼に対応した点火システム開発 -CAE活用の開発プロセスを目指して- 中瀬 善博 氏
株式会社SOKEN
14:45 休憩
15:00 エンジン冷却損失解析に向けた壁面乱流熱流束モデルの比較 尾形 陽一 氏
広島大学大学院
15:50 TAIZACインジェクタを用いた逆デルタ噴射によるディーゼル機関の後燃え及び冷却損失低減 相澤 哲哉 氏
明治大学
16:40 閉会挨拶 内田 登 氏
ディーゼル機関部門委員会 委員長 新エィシーイー

【お問合せ】

(公社)自動車技術会 
E-mail: tech@jsae.or.jp
Tel: 03-3262-8235

» 一覧に戻る

ページトップへ