• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>No.06-18「動力伝達系の最新技術2018-快適性と環境性能を両立する最新の駆動系-」シンポジウム(動力伝達系部門委員会/CVT・ハイブリッド部門委員会)

イベント

<参加者募集>No.06-18「動力伝達系の最新技術2018-快適性と環境性能を両立する最新の駆動系-」シンポジウム(動力伝達系部門委員会/CVT・ハイブリッド部門委員会)

2018.09.12

本シンポジウムでは,走行性能,環境性能,快適性の両立を実現する駆動系技術について,要素,コンポ,ユニットなど駆動システム全般に亘り,10 のテーマが講演されます.最新の研究開発成果を一挙に聴講できるまたとない機会です.講演終了後,恒例となりました講師を交えた技術懇談会を開催します.本分野に携わる皆様のご参加をお待ちしております.

【開催日】 2018年11月20日(火)
【会 場】 東京工業大学 大岡山キャンパス 大岡山西9号館 ディジタル多目的ホール
      (東京都目黒区大岡山2-12-1)
      アクセス:
【定 員】 250名
【参加費】 (消費税込/テキスト1冊込)
       正 会 員:16,200円 学生会員:3,240円 賛助会員:22,680円
      一般の方:32,400円 協賛学協会の会員:22,680円
      (希望者のみ)技術懇談会 参加費:2,000円

【企 画】 動力伝達系部門委員会/CVT・ハイブリッド部門委員会
【協 賛】 一般社団法人日本フルードパワーシステム学会
      一般社団法人日本機械学会、公益社団法人精密工学会(予定)

【申 込】 のページからお申込みください。
    ※キャンセルについて
    開催7日前までのキャンセル:送金手数料を除く全額が返金されます
    開催6日前~当日キャンセル:ご出欠にかかわらずキャンセル用として参加費全額を申し受けます

【プログラム】 PDF

10:00 開会挨拶 東海大学 山本 建 氏
CVT・ハイブリッド部門委員会委員長
10:10 新型高容量チェーン式CVT SUBARU 高橋 宏明 氏
10:40 2.0L クラス車両向け新CVT「Direct Shift-CVT」の開発 トヨタ自動車 吉田 和希 氏
11:10 Future CVT concepts with an innovative actuation system シェフラージャパン 中澤 智一 氏
11:40 昼食休憩
12:30 CVT チェーンのピン形状を動的に計測する新手法の開発 ジヤトコ 金山 義輝 氏
13:00 New Hybrid Genetic Algorithm for Pitch Sequence Optimization of CVT Variator Chain 日産自動車 塘 健志 氏
13:30 休憩
13:40 CPVA のねじり振動低減性能に関する理論解析 法政大学 相原 建人 氏
14:10 磁歪式トルクセンサによるクラッチのトルクフィードバック制御コンセプト 日本精工 豊田 俊郎 氏
14:40 休憩
14:50 ZF 新DHT(Dedicated Hybrid Transmission)について ZF Friedrichshafen Vahlensieck Bernd 氏
15:20 ホンダ新型横置き10 速AT 本田技術研究所 杉野 聡一 氏
15:50 新中容量FF6 速マニュアルトランスミッションの開発 アイシン・エーアイ 新田 健一 氏
16:20 閉会挨拶 鶴岡高等専門学校 増山 知也 氏
動力伝達系部門委員会委員長

※プログラムは講師、会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります。

※CPDポイント
本シンポジウムに参加されると、自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発(CPD)ポイント」が取得できます。
詳細は


【問い合わせ先】
(公社)自動車技術会 シンポジウム運営事務局 山本

E-mail: [email protected] Tel: 045-453-2225

» 一覧に戻る

ページトップへ