• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>シンポジウム No.14-18「最新のタイヤ空力CFD-走るタイヤ周りの流れを見る―」(CFD技術部門委員会)

イベント

<参加者募集>シンポジウム No.14-18「最新のタイヤ空力CFD-走るタイヤ周りの流れを見る―」(CFD技術部門委員会)

2018.12.19

参加のおすすめ 
 CFD を用いた自動車の空力特性予測に当たって,従来の簡易的なタイヤ周りのモデル化では試験結果と傾向が相違したり,接地面の形状処理方法によって計算結果が変わるという課題があるため,実機により近い状態を模擬できる解析手法の実用化が求められています.CFD 技術部門委員会では実機により近い状態を模擬できる解析手法開発の一助とすべく,タイヤ周り流れ解析を対象課題としたCFD ベンチマークを実施しました.本シンポジウムではその結果について報告
します.

日時 2019年03月22日(金)
会場 工学院大学 アーバンテックホール(新宿区西新宿1-24-2)
https://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html
協賛(予定) 日本機械学会、日本流体力学会、日本計算工学会、応用物理学会
企画 CFD技術部門委員会
定員 200名
参加費(消費税込・テキスト1 冊込) 正会員 16,200 円/学生会員 3,240 円/賛助会員 22,680 円/一般の方 32,400 円 /協賛学協会の会員 22,680 円
参加申込/申込締切日 2019年03月21日(木)
申し込みはこちら:
参加申込キャンセルについて 3月15 日まで:キャンセル料は発生いたしません.ご入金済の場合は,送金手数料を除き返金いたします.
3月16 日以降:ご出欠にかかわらずキャンセル料として,参加費全額をお申し受けます.開催終了後,テキストを送付いたします.

プログラム

10:00 開会挨拶 ヤマハ発動機㈱  嶋田 喜芳氏
司会 木更津工業高等専門学校 伊藤 裕一氏
10:05 タイヤ周り流れの数値解析と空力研究 -文献レビューと事例紹介- CFD 技術部門委員会委員長
広島大学 中島 卓司氏
10:35 タイヤ開発における形状の重要性について ㈱ブリヂストン 大沢 靖雄氏
11:10 次世代空力技術研究会タイヤ空力グループの活動紹介 ㈱本田技術研究所 星野 元亮氏
11:40 昼食
13:10 タイヤ周り流れ解析の課題とベンチマーク概要 東海大学 福田 紘大氏
13:45 AcuSolve によるタイヤ周り流れ解析 アルテアエンジニアリング㈱ 工藤 淑文氏
14:10 PowerFLOW によるタイヤ周り流れ解析 ダッソー・システムズ㈱ 成田 弘志氏
14:35 Simcenter STAR-CCM+ によるタイヤ周り流れ解析 シーメンスPLM ソフトウェア・コンピューテイショナル・ダイナミックス㈱ 横山 竜也氏
15:00 scFLOW によるタイヤ周り流れ解析 ㈱ソフトウェアクレイドル 浜口 一博氏
15:
25
休憩
15:40 パネルディスカッション:
タイヤ周り流れ解析の現状と未来展望
 モデレータ トヨタ自動車㈱ 田中 博氏
 パネリスト アルテアエンジニアリング㈱ 工藤 淑文氏
       ダッソー・システムズ㈱ 成田 弘志氏
       シーメンスPLM ソフトウェア・コンピューテイショナル・ダイナミックス㈱ 横山 竜也氏
       ㈱ソフトウェアクレイドル 浜口 一博氏
       東海大学 福田 紘大氏
16:30 閉会挨拶 CFD 技術部門委員会委員長
広島大学大学院 中島 卓司氏

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

◆CPDについて
本講習会(シンポジウム)に参加されると,自動車エンジニアレベル認定のための「継続能力開発ポイント(CPDポイント)」が取得できます.
詳細のご案内【URL】

【お問合せ】

(公社)自動車技術会 シンポジウム運営事務局 山本・菅野
E-mail: [email protected]
Tel: 045-453-2225

» 一覧に戻る

ページトップへ