• トップ
  • お知らせ
  • <参加者募集>公開委員会「内燃機関のキーテクノロジーの進化 ~排出ガス・RDE改善に向けた最新動向~」(ガソリン機関部門委員会・ディーゼル機関部門委員会合同)

イベント

<参加者募集>公開委員会「内燃機関のキーテクノロジーの進化 ~排出ガス・RDE改善に向けた最新動向~」(ガソリン機関部門委員会・ディーゼル機関部門委員会合同)

2019.08.01

近年、環境・エネルギー問題を発端として、自動車の実用上の燃費や排出ガスの改善を視野に入れたCO2・排出ガス規制の強化により、これら課題を解決するための様々な技術開発が積極的に行われています。そのため電気自動車や燃料電池車なども相次いで市場投入されましたが、走行エネルギー確保の容易性やシステムコストの優位性、あるいは将来的なLife Cycle Assessmentの枠組みなどを考えると、グローバル的には今後も自動車の動力源として内燃機関が使用されるものと考えられます。

今回のガソリン・ディーゼル機関部門合同委員会では「内燃機関のキーテクノロジーの進化 ~排出ガス・RDE改善に向けた最新動向~」をテーマとして、リアル ドライビング エミッション(RDE) と呼ばれる様々な走行条件下を含む、排出ガスを改善するための要素技術や計測技術等に関して話題提供をいただき、内燃機関の基礎技術や情報などを共有したいと思います。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

【テーマ】「内燃機関のキーテクノロジーの進化 ~排出ガス・RDE改善に向けた最新動向~」

【日 時】2019年10月25日(金)13:00~17:00
【会 場】東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館2階 ディジタル多目的ホール

     所在地:東京都目黒区大岡山2-12-1

              URL:

【参加費】無料 
【申 込】【申込締切】2019年10月20日(日)

プログラム

開会挨拶 ディーゼル機関部門委員会委員長/新エィシーイー
内田 登 氏
13:05
~
13:55
PEMS規制動向、及びRDE試験に向けた車両開発手法のご提案 堀場製作所
深見 瞬 氏
13:55
~
14:45

Study for Effects of Bio-Diesel Fuel and After-treatment Systems

on Formation and Reduction of Particles from Diesel Engine
帝京大学
森 一俊 氏
14:55
~
15:00
休憩(15分間)
15:00
~
15:50
WLTPおよびRDE試験法の概要と測定事例の紹介 早稲田大学
山口 恭平 氏
15:50
~
16:40
RDE条件下での次期型ガソリンパティキュレートフィルターの性能 日本ガイシ株式会社
平井 望 氏
16:40
~
16:45

閉会挨拶

東京大学/ガソリン機関部門委員会委員長  
津江 光洋 氏
16:45
~
17:00

会務報告

◆プログラムは講師,会場の都合などにより予告なく変更となる場合があります.

【お問合せ】

(公社)自動車技術会 技術交流課 四條 健
E-mail: shijo@jsae.or.jp 
Tel: 03-3262-
8235

» 一覧に戻る

ページトップへ